【英文読解】英語の読み方のコツを実践解説!「~以来」じゃない“since”や関係代名詞[033]

実践!英文が読める! きほんの英文読解
スポンサーリンク

この『きほんの英文読解』のコーナーでは、英文記事の一部を使って、文法解説、英文構造の把握、重要表現などについて説明します。

また、一通り解説を終えたら、最後に英文を「前から読む」練習を一緒に行いたいと思いますので、是非最後まで見ていただければと思います。

では、早速始めましょう。

英文読解はじめに
スポンサーリンク

英文精読”How Pandemic Has Changed College Applications for Students?”

How Pandemic Has Changed College Applications for Students?
voanews.com

今回は、VOAの“How Pandemic Has Changed College Applications for Students?”という英文記事の一部を使って英語を学んでいきたいと思います。

以下は、今回扱う記事のリンクです。

タイトルは「パンデミックが学生の大学出願をどのように変えたのか?」といった意味ですね。

では、早速内容を見ていきましょう。

since

since

Since most people are not traveling, students are taking video campus tours.

意味の句切りがいいところにスラッシュ(/)を入れています。

まず見ておきたいのは、“since”です。

since”は現在完了形で使われる「~以来」という意味の印象が強い方が多いようなのですが、

since ~なので(接続詞)

という意味もあります。

接続詞なので文と文を結べますから、“since”から始まる前半の文と、“students”から始まる後半の文をつないでいるわけですね。

現在進行形

現在進行形

次は時制を確認しておきましょう。

Since most people are not traveling

“are not traveling”とあるので、現在進行形ですね。

be動詞+動詞のing形となっています。

今起こっていることを意味していますね。

現在進行形については以下の記事で詳しく説明していますので、現在進行形の使い方やポイントについて知りたい方は是非そちらをご覧ください。

現在進行形2

次の文でも

…students are taking video campus tours.

と、現在進行形になっているのが分かります。

全体の意味を取ると、

Since most people are not traveling, students are taking video campus tours.

今は大半の人は出歩いていないので、学生は動画でキャンパスツアーに参加している。

といった意味になります。

主格の関係代名詞that

主格の関係代名詞that

次に進みましょう。

Universities that used to talk to possible students in person are doing so by video call, instead.

ここでは、“that”に注目しておきましょう。

Universities that used to talk to possible students in person…

この“that”は、どのような役割で使われているか分かりますでしょうか。

これは、主格の関係代名詞の“that”です。

“that”以下の節が前の名詞を修飾、つまり説明しています。

前の名詞にあたるのは、ここでは“universities”「大学」ですね。

これが、関係代名詞によって説明したい語、つまり「先行詞」です。

Universities that used to talk to possible students in person

この関係代名詞“that”以下の部分が“universities”を説明しているんですね。

関係代名詞がよく分からないという方は、関係代名詞についての記事で詳しく説明していますので、是非そちらをご覧ください。

used to do

used to do

では“that”以下の意味を取っていきたいのですが、ここで“used to do”という表現を見ておきましょう。

“used to do”は「過去の習慣」を表す表現です。

used to do 以前は~したものだった

よく使われる表現なので、もう少し説明させてもらいますね。

used to do2

“used to do”は今触れたように過去の習慣や、他には過去の状態について表すことができる表現で、「以前は~したものだった」とか「かつては~だった」といった意味になります。

たとえば、

I used to travel a lot. 私は以前はよく旅行したものだった。

という風に使われます。

“used to do”について押さえておきたいポイントは、「現在との対比を強調する」表現だということです。

つまり、前はそうだったけど「今はそうじゃない」という意味合いが含まれます。

そのため、この例文だと、今はもうあまり旅行はしなくなっているということが分かります。

used to do3

本文に戻って見てみましょう。

Universities that used to talk to possible students in person…

“used to talk”とありますから、「以前は話していた」という意味ですね。

誰にかと言うと、“to possible students”「可能性のある生徒」ですから、まだ入学が決まっていない「生徒候補」と考えればいいでしょう。

in person

in person

次にチェックしたいのは、“in person”という表現です。

in person 本人が直接、直に

という意味になります。

現在進行形4

進んでいくと、

Universities that used to talk to possible students in person are doing so by video call, instead.

“are doing”とありますので、また現在進行形ですね。

これがこの文の述語動詞(V)になるので、この前の長い語のかたまり“Universities that used to talk to possible students in person”が大きな主語(S)だということが分かります。

  • 主語(S):Universities that used to talk to possible students in person
  • 述語動詞(V):are doing

“that”から“in person”までが先ほど確認した関係代名詞の節ですから、

Universities that used to talk to possible students in person 以前は学生と直接話をしていた大学

というのが主語の意味になります。

so

so

次は、“so”を確認しておきましょう。

Universities that used to talk to possible students in person are doing so by video call, instead.

ここの“so”は「だから」の“so”じゃないですね。

ここでは、日本語と同じで「そう」とか「そのように」を意味しています。

なので“are doing so”は「そうしている」という意味なのですが、「そう」とは何を指しているか分かりますでしょうか?

“talk to possible students”のことですよね。前に言ったことを“so”で受けているわけです。

instead

instead

全体の意味を取る前に、もう1つ確認しておきましょう。“instead”です。

instead 代わりに

「代わりに」、“by video call”「ビデオ通話によって」そうしている、つまり、生徒候補と話しているということですね。

念のため確認ですが、何の代わりにビデオ通話を使うかは分かりますでしょうか?

先ほどあった“in person”、「直接」話す代わりに、ですよね。

全体の意味を取ると、

Universities that used to talk to possible students in person are doing so by video call, instead.

以前は生徒候補と直接会って話をしていた大学は、代わりにビデオ通話で話をしている。

といった意味になります。

along with~

along with

次に進みましょう。

Along with written applications, universities are asking students to send video introductions.

ここで確認しておきたいのは、“along with~”です。

along with~ ~と共に、~に加えて

という意味になります。

“written applications”は「紙面での申請書」なので、ここまでの意味を取ると、

Along with written applications… 紙面での出願書類と一緒に

という意味になりますね。

現在進行形5

…universities are asking students to send video introductions.

次の行では“universities are asking”と、また現在進行形が登場しています。

ask(人)to do

ask(人)to do

最後に“ask”の使い方を見ておきましょう。

以前の読解の動画でも触れましたが

ask(人)to do (人)に~するよう頼む

というto不定詞を取る使い方です。

何を頼むのかと言うと、“to send video introduction”とありますので、「紹介動画を送る」よう頼んでるですね。

全体の意味を取ると、

Along with written applications, universities are asking students to send video introductions.

書面での出願書類と併せて、大学は学生に(自己)紹介動画を送付することを依頼している

という意味になります。

今回取り上げた表現まとめ

今回取り上げた表現のおさらい

ここで、今回取り上げた表現をざっとおさらいしておきましょう。

  • since:~なので

  • 現在進行形:be動詞と動詞のing形で、今起きていることを表す時制

  • 主格の関係代名詞that:関係代名詞の節の中で主語の役割をするもので、前の名詞を説明する

  • used to do:よく~したものだった

  • in person :本人が直接、直に

  • so:そう、そのように

  • instead:代わりに

  • along with~:~と共に、~に加えて

  • ask(人)to do:(人)に~することを頼む

練習:「前から読む」の実践トレーニング

英文を前から読む練習

では、一通り解説を終えましたので、最後に一緒に英文を「前から読む」練習をしていきましょう。

「前から読む」コツや重要性については、前回の記事で詳しく説明していますので、気になる方は是非そちらをご覧ください。

では始めましょう。

前から読む1

前から意味のかたまりごとに読んでいきましょう。

Since most people are not traveling 今は大半の人が出歩いていないので

前から読む2

students are taking video campus tours. 学生は動画でキャンパスツアーに参加している。

次に進みましょう。

前から読む3

Universities 大学

前から読む4

どんな大学かと言うと…

that used to talk to possible students 以前は生徒候補と話していた

前から読む5

どのようにかと言うと…

in person 直接(会って)

前から読む6

are は…

前から読む7

doing so そうしている

前から読む8

どのようにかと言うと…

by video call ビデオ通話で

前から読む8

instead 代わりに

次に進みましょう。

前から読む9

Along with written applications 書面での出願書類と併せて

前から読む10

universities are asking students 大学は学生に依頼している

前から読む11

何を依頼しているかと言うと…

to send video introductions 紹介動画を送付することを

お疲れ様でした。

今ご紹介した意味のかたまりの取り方は、あくまで参考程度にしてくださいね。

「意味のかたまりごとに前から読む」ができてさえいれば、ご自身のやりやすいように調整してもらえれば結構です。

英語リーディング“How Pandemic Has Changed College Applications for Students?” おわりに

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回もすぐに使えそうな表現がたくさんありましたね。

この記事で行ったように、少しずつでも英文に触れる機会を設けて継続していけば、英語への理解が深まるのを実感していただけると思います。

このブログでは、主にこのような英文読解重要文法の説明をできるだけわかりやすく行っておりますので、良かったらまた見に来てくださいね!

この記事を書いた人
Momo

英語講師/翻訳者
英検1級/TOEIC980/全国通訳案内士
2歳児のママ

当サイトおよび同名のYouTubeチャンネル『みんなの基礎英語』で、文法・読解を中心に英語の基礎を分かりやすく説明しています。

しっかりと基礎を身につけ、一生モノの英語力へ繋げましょう!
Better late than never!

みんなの基礎英語をフォローする
きほんの英文読解
スポンサーリンク
みんなの基礎英語をフォローする
スポンサーリンク
みんなの基礎英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました