現在形との違いは?現在進行形の意味と使い方[013]

現在形との使い分けできてる?現在進行形 話すための基礎文法
スポンサーリンク

『話すための基礎文法』、今回は「現在進行形」についてお話ししていきたいと思います。

現在形との違いや、現在進行形がどのようなときに使われるのかについて説明します。

では早速、見ていきましょう。

現在進行形はじめに
スポンサーリンク

現在進行形の基本の使い方

現在進行形:今まさに進行中の話をする

まず、現在進行形が基本的にどのようなときに使われるのかについてです。

今まさに進行中の話をする」ときに使うのが、現在進行形の基本的な使い方となります。

具体的に言うと、「今している最中・途中のこと」を言うとき、また「既に始めていてまだ終わっていないこと」を表すときに使うことができます。

現在進行形のイメージ

現在進行形を時制のイメージで捉えていくと、過去から未来へと流れる時の流れがあるとして、現在進行形が指しているのは「今この時」です。

つまり、ピンポイントで「今」を指しているようなイメージになります。

文の作り方としては、「be動詞+動詞のing形」を使って現在進行形を表します。

たとえば、

He is playing tennis now.(彼は今テニスをしています。)

という文章では、「彼が今まさにテニスという行為をしている途中」であることを意味しています。

また、

She is learning English.(彼女は英語を学習しています。)

といった言い方もできます。

ここでは、このことを話している時点で彼女が実際に本を読むなどして英語を勉強している真っ最中でないとしても、現在進行形を使うことができます。

つまり、「今英語を勉強しています」「最近英語を勉強しているんだよね」という風に、今取り組んでいる途中の行為を指しているわけですね。

現在進行形と現在形の違い

現在形と現在進行形の違い

前回の記事では「現在形」の使い方についてお話しました。

この「現在形」と、今回お話ししている「現在進行形」は、実際にはどのように違うのでしょうか?

ここでは、現在形と現在進行形の違いを両者を比較しながら説明したいと思います。

現在進行形と現在形を比較してみよう

現在形と現在進行形の比較

まず、現在進行形についてです。

これは先ほどお話ししたとおり、

He is playing tennis.(彼はテニスをしています。)

だと、「ピンポイントで今」を指し、彼がテニスをしている最中であるという意味になります。

では、現在形の

He plays tennis.(彼はテニスをします。)

が表す内容について考えてみましょう。

現在形が指す「現在」というのは、「今この瞬間を中心とするある程度の期間」のことです。

上記の”He plays tennis.”という文では、”play tennis(テニスをする)”という行為が反復して繰り返されるイメージになります。

現在形についての記事でお話しましたが、つまりは「現在の習慣」を指すことができるのが現在形ということになります。

そのため、現在形の”He plays tennis.”からは、この人が普段からテニスをすることが分かります。

しかし、現在進行形の”He is playing tennis.”では、この人が普段からテニスをしているかは分からない、というわけです。

進行形になるのは基本的に動作動詞

進行形になるのは動作動詞

ここでポイントなのですが、現在進行形になるのは基本的に「動作動詞」です。

別の言い方をすれば、「状態動詞」は基本的に進行形にできない、ということになります。

このことは、動作動詞と状態動詞についての記事でもお話ししていました。

両者の違いがよく分からないという方は、是非、動作動詞と状態動詞についての記事をご覧いただければと思います。

具体的な例で言うと、たとえば、

I don’t believe him. (私は彼のことを信じていません。)

という文章では、「信じている」という状態を表す状態動詞の”believe”が使われています。

これを進行形にして、

I am not believing him.

と言うことはできない、ということです。

実はこれには例外があるのですが、それについては後ほどご説明したいと思います。

英語の現在進行形の様々な使い方

現在進行形の様々な使い方

これまで、現在進行形の基本の使い方について見ていきました。

「今まさに進行中の話をする」ときに使うのが、基本の現在進行形の使い方でしたね。

ここからは、現在形の少し発展的な使い方について、いくつか主要なものを見ていきたいと思います。

それが、「一時的状況」、「変化の途中」、「直近の未来」の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

一次的状況:一時的に起きていること

一時的状況

まずは、「一時的状況」についてです。

これは、「一時的に起きていること」を言うときに使う現在進行形となります。

たとえば、

He is temporarily living with his grandparents. (彼は一時的に彼の祖父母と住んでいます。)

という文章を見ていきましょう。

先ほど進行形のポイントとして「状態動詞は基本的に進行形にできない」と説明しました。

ですが、ここで使われている”living”は「住んでいる」という状態を表す状態動詞”live”ですね。

このように状態動詞を進行形で使うと、「普段はそうじゃないけど今一時的にそうなっている」という意味になります。

この文章では、普段は彼はおそらく両親と住んでいるのだけれども、今は一時的に祖父母と住んでいる、というニュアンスです。

これが、先ほど説明した進行形のポイントの例外となります。

また、

Their children are being quiet.(彼らの子供たちは今は静かにしています。)

という文章では、典型的な状態動詞であるbe動詞が進行形になっていますね。

ここでも、おそらく普段はわんぱくだったりうるさかったりする子供たちが、「今この瞬間」は静かにしているという一時的な状況を表しています。

変化の途中:変化している途中を表す進行形

変化の途中

次は、「変化の途中」を表す現在進行形です。

これはそのまま、「変化している途中」の話をするときの進行形の使い方となります。

日本語で言うと、「~になってきている」「~しかけている」といったニュアンスです。

たとえば、

It is getting darker.((空が)暗くなってきています。)

や、

Your English is improving.(あなたの英語は良くなってきていますね。)

といった言い方ができ、今まさに「暗く」、あるいは「良く」なってきているという、変化の途中を表すことができます。

直近の未来:近い将来する予定のこと

直近の未来

最後に、「直近の未来」を表す現在進行形です。

これは、近い将来する予定のことを話すときに使う現在進行形となります。

つまり、現在進行形で未来のことについても話すことができるわけですね。

ニュアンスとしては、「既にそうすると決めていて準備している、あるいはそれに向けて取り組んでいる」という感じになります。

たとえば、

What are you doing tomorrow?(あなたは明日、何をする予定ですか?)

や、

I’m not going to the party tonight. (私は今夜そのパーティーには行きません。)

といった言い方ができます。

“tomorrow”や”tonight”はこれから起こる近い将来であり、その近い将来の予定として「~するつもりである(ない)」ことを表しています。

このように、現在進行形は未来について話すときにも使うことができます。

現在進行形 まとめ

現在進行形まとめ
  • 現在進行形の基本は「今まさに進行中」
  • 現在進行形は「ピンポイントで今」、現在形は「現在の習慣」
  • 進行形になるのは基本的に動作動詞
  • 現在進行形の発展的な使い方3つ:
  • 「一時的状況」、「変化の途中」、「直近の未来」

今回は、現在進行形についてお話ししました。

基本の使い方はもちろん大事なのですが、意外と現在進行形だけでもいろいろなニュアンスが出せることがお分かりいただけたかと思います。

是非、様々なシチュエーションで現在進行形を使ってみてくださいね。

この記事を書いた人
Momo

英語講師/翻訳者
英検1級/TOEIC980/全国通訳案内士
2歳児のママ

当サイトおよび同名のYouTubeチャンネル『みんなの基礎英語』で、文法・読解を中心に英語の基礎を分かりやすく説明しています。

しっかりと基礎を身につけ、一生モノの英語力へ繋げましょう!
Better late than never!

みんなの基礎英語をフォローする
話すための基礎文法
スポンサーリンク
みんなの基礎英語をフォローする
スポンサーリンク
みんなの基礎英語

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました